スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/11 GS振り返り

8/11日  GS振り返り


回復の為には、自分の居場所を作っていくことが大事。
自分の居場所確保は「力」

今の拒絶感と、過去は常に連動する。

目玉焼きを極めてみよう。

子供のころにされたことが心の傷になっている。
そこをごまかしては先に進めない。
誰かを介して私の気持ちを分かってほしい。


心の飢えには、いつまでもかまっていても
限りがある。
なによりも、意思を出す事。
自分の欠損を、喪失感のあるものを
自覚して訴えをおこしていかないと
何を上げてものどの渇き、飢えは止まらない。


スポンサーサイト

7/23(

6/23 GSのまとめ

6/23(火)

・配列崩し  
ゴキブリを食べてみてと言われたら、
ぎょっとしたとこで、思ってもみなかったけど、結果は分かっている事
を考えるきっかけになる。

子供にしてみたら、ゴキブリみたいな事は大きいが、
小さな事、思いがけない事で言えない事をといてあげる。


・私のいじけ
以前は台所の片隅でいじけに入っていたのが、今はリビングのそふぁーでゲーム
子供がゲームに走るのと同じかも→コミュニケーションをとりたくない、いじけも出来ないで現実逃避。
楽しかった事を劣等感でなかった事にして、できた(感情解放)自分をとどまらせない。

子供のころは、
外で、楽しかった事をうちに帰ってきてお母さんに見せれないから
きりかえてしまう。
そのような事を今もしているのではないか。
感情を解放しても、縛られている自分に戻る。
感情を解放した罪悪感とバランスをとる為。
今は、帰るのはお母さんの所ではなく、自分の心。


楽しい事をしたら、次もしたくなるものだが、
次をするには、欠乏しなきゃならない。
  (究極の欠乏からの欲求をバネにしないと、解放が出来ない感覚がありました。)


・めんどくさいのうらにあるもの
学校生活などで、人と一緒にいる事から、合わせる事がめんどくさいになる。
人と一緒にお弁当を食べないとさみしい
食べる人がいないから、記憶の操作をしてめんどくさいをつじつまあわせをして、歪みを生む。
めんどくさいと言うことで、さみしいをいいたくない。

記憶の操作は、口にする事でこていさせることになる。
めんどくさいから1人でいるという思い込みができてしまう。
本心は別にある事にきづいてあげる。
本当はさみしい、を認識しないまま生きていく事は後の欠損をうんでしまう。

居場所がなくて大変。
思いきって、楽しい場所に連れだしたり、美味しいものを美味しいと実感させて。
今の空洞をどう満たすかを考える。


・自分の興味
CMなど、自分がどれを気にしてみているか、
心の中で無意識に思っているだけだと自分で気付かないが、
聞かれて口にしてはじめてわかることがある。
自分の興味があるものを広げてみよう。


・隠す為の興味
好みを選べば満足で終わる。
隠す為だと満たされない。
満足をしたくないというのは→訴えが入っている。つらかったことをわかってほしい。

元が終わらないと、満たらない。
わかってほしかった記憶を思い出していく
気付いてもらえない自分の気持ちを解放しおわらせてあげる。
(訴えているということは、終わっていないのかも。)






セッション振り返り

7/12 の縦割りGSのふりかえりです。
私の頭の整理、と表現力をつけるためにかきます。


・あなここの本の出版に際して、私は、販促用の本を自分で買って売り上げに貢献しよう
 とおもっていた。←AC的発想ではないか~
 きんたろうさん、りんりんさんの思いは、本を広めたいので、
 販促用の本は無料で配布しようと言っていたのが、 自分の思いでいっぱいで受け取れなかった。

・私の自宅リビングのカーテン(レースではなく、厚手の方)をしないことについて、
 昼間、カーテンを閉める事への抵抗感があったので、今まで厚手カーテンがあっても
 使ってこなかった。←我慢が入っているんじゃないか~
 カーテンを決める買うのに抵抗感があるので、配列崩しのため、
 旦那に選んで買ってきてもらうのはどうか。
 その際の私の頼み方(言い方)がどうもぶっきらぼうであったので
 色気をだして(笑)ぶりっこで言う、甘える練習をしてみよう。

・きんたろうさんレシピのカレーの話
 玉ねぎ、お肉を炒めたときのコゲがコクになる
 途中果物などを入れたりもするが、煮込んで全体をなじませることが大切(3時間くらい)
 
・子供のころの母親の料理がまずかった。
 それが、言えない為に好みを捻じ曲げなくてはならなくなり
 本来好きでもない物を好きだと思っていることがある。
 また、自分の味の基準がないので、まずいがわからなくなっている。
 家族との食のずれがある事にも気付かない。

・今月の目標
 ①わける ②とらえる ③表現する

 ①わける
  楽しいか、楽しくないか。
  おいしいか、まずいか。
  やりたいか、やりたくないか。
  自分でまずはわけてみる。

 ②とらえる
  本心からの楽しいなのか、損得が入っているか。
  波風立てないために、あわせておいた方がいいだろうなどが入っていないか。
  3割の楽しい、7割不快でも、楽しいにしてしまってないか。
  
  そもそも、楽しいの基準が自分でわかっているか
  楽しいは何でできているかを自分に問いただすことをしつづけよう。

  コミュニケーションをとり続けていると、楽しいのポイントがあって
  いつかそのポイントがわかってくる。

  やっぱり人とふれあいたいんだ、交わりたいんだという思いが人にはある。

  本気で笑った瞬間は嘘がない。

  ACさんは、笑った事実があっても自分の不幸にもどるため(私はできない、コミュニケーションが取れないなど)
  なかったことにして、記憶を消してしまう。
  子供にも自力で笑ったことの認識を植えつけてあげる。

  作り笑いかどうか、わけて表現し続ける。
  抵抗感がある言葉は言ってはいけない言葉、それがあると表現力が落ちる。
  不快ワードの特定をしっかりする。
  不快ワードがあると、嫌悪感で私はあんな風にならないと自分を縛る。
  そして、不快ワードの真裏の事を言うが、自分の本能はそこにはない。
  嫌悪感があり、感情から逃げ欠損していく。
  人の粗への嫌悪感が自分をせばめるが、粗があるのは普通の事。
  そこを受け入れられるように、表現し続ける。
  
  人は、見ていてあげれば変わる。
  メンバーで支える。


  このような内容でした。

 


 

  
  

  
 
 
 
 
 

気持ちを言う

今まで、不快を表現すると、人から嫌われて孤独になってしまう恐怖感を感じていました。
また、逆に恐いから言えないとも思っていました。

だけど、もしかすると違うらしいと思い始めたところです。

不快を感じても、出せるわけがないと、思いこんでなかった事にしてきましたが、
それを出さないから、怯えになってしまう。
りんりんさんに何度も言われてきた事でしたが、
言わないから、恐怖が膨らむ、自分でやってたことでした。

不快も表現してほぐしてみると、違った思いがでてきて
自分の中にあった弱さを知ることで、守らなければならない足枷を解ける。
守っていたのは、母からの愛情を得る為につくった無理した私でした。
これは、しんどいんです。
守る事で、人と交われなくなっていくなんて、なんてこったい((+_+))
寂しさが倍増していた~~~
弱い自分に恥ずかしさを感じながらも、ちょっとほっとした気持ちにもなりました。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © それは自由だ~♪ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。