思い出

昨日のセッションで、子供の頃食べたものについての話題になりました。


その中で粉を溶かして作るプリンの話が出た時に
プリンについてるカラメルを水で溶かした時のスプーンをなめるのがすきだったな~
とけきらない状態のざらざら感がとても好きだったな~と思っていましたが、
もうひとつ思い出した事がありました。


それは、母に内緒で白い砂糖をそのままなめるというか食べていたことを。

台所の流し台の扉を、こっそりこっそり、忍び足で、誰も見ていないなと確かめてから、
そ~っと、そ~っとあけて、砂糖のふたをあけてぱくりぱくり^^

ドキドキしながら、砂糖の甘さとざらざらの口当たりを味わっていた事。
秘密の味でした。

Powered by FC2 Blog

Copyright © それは自由だ~♪ All Rights Reserved.