スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28 三期生GS覚書

セッションで、私が第二の安全な場所にいつづけていることで、
第一の安全な場所の話をきんたろうさんがしてくれました。


地震があったら、どうやって人は気持ちをおさめていくのか。

まず、安全な建物、人がたくさんいる所、公民館や学校などに避難し
そこで、みんなの安否確認をする。

「○○ちゃんはどうしてるかな」
「あ~いたいた、無事だったんだ、よかったね」

そんな、安否確認ができたらやっと、
それぞれのこわかったり、おどろいたりした気持ち、これまでの起こった事
などを、話し、共有して不安の解消をしていく。

「どこどこにいたとき、こんなふうにゆれて、なになにをして、こんなふうになった」
「私は、ここにいて、こうだったのよ~」
「あ~こわかったね」
「びっくりしたね」
「うんうん」

同じ体験をして、はじめて気持ちの共有ができる。
このような事が出来るのが、第一の安全な場所なんだと。

ACの人達は、こんな風な心が揺れる体験をしても、誰にも言えなかったんだ。

だから、この体験や、気持ちを言える場所を作っていく。
第一の安全な場所
公民館のような、話してもいい、安全な場所、シェルター。
こわい、きらい、が言える
理不尽を感じる場所を。

第二の安全な場所、
事実をまげ、心をまげ、
ずっと、自分の気持ちをのがしていたところ。

まずは、第一の安全な場所の安心感を得ていく。
得た安心感から、ちょっとづつ言っていく。
一般の場所で言ったら、わかってもらえなかった事を
言ってもわかってくれる体験をし、
わかってもらえるはずがないから、
こんな事言えない、から、こんな事いったら嫌われてしまう。
でも、言ってみよう。言うしかない。言いきる。
そして、言いつくす。
ずっと言ってこなかった我慢、いったら大変な事が起こると信じている気持ち
そことの戦い。
言いつくさなかったら、最終的にはひき戻しに合う。
ブレーキが第二の安全な場所。
とことん言う。
言うことで、第一の安全な場所に行ける。
限界にチャレンジ!

納得がいかない事を我慢し続けてきた。
言えて、自分が納得していく。
たくさんの人に言って、言って
話して、話して、自分の気持ちの区切りをつけていく。


話は変わりますが、
私の母は、自宅で美容師をしていていました。
先日、メンバーさんとの子供のころの食事のことをはなしていたら、
ご飯に髪の毛が入っていて、それを母に言っても
それぐらい気にするなと言われていたことを話しました。
私としては、訴えをきいてもらえなかった悔しさはありましたが、
たびたび髪の毛がはいっている食事をもう何も思う事無く
そっと取り除くか、食べてしまっていました。
仕方のない事として、受け入れていて、
嫌だ、と言う事が言えないでいました。

それを、セッションでみんなに聞いてもらい、
おかしいよって事に気付かせてもらいました。

第一の安全な場所は
あなここのきんたろうさん、りんりんさん、メンバーさんです。
今回のセッションで、今さらですが、実感したこの場所でした。



















8/26 振り返り

8/26 3期生セッションふりかえり



○ 家の中のどんな所が、自分の気になる所か

 キッチンのシンクに食器が溜まっている事
 フライパンを使った後の汚れ
 床に洋服が脱ぎっぱなしでおいてあること
 シンク、ガス台などに水滴が付いている事
 など、

 食べ物の次に水回りの配列が多いが、ないところからさぐっていくのもいい。
 まずは、配列なのかわける、分け続けて嫌悪感をしる。
 日常の些細な事を分けていき、元になっている恐怖感を特定する。
 怯えが入っていないか、快か不快か。
 不快が多くてもダメ人間ではない。

○不快な話で、つまる。

 例:なんで黙りこむの
   核心ですね・・・といえればOK

   黙るのは意図的にやっている。
   説明できないので黙っている。
   その前に、納得していない(理不尽な行いを受けたこと)自分がいる。

   黙る=納得していない、表現でない。
   大人も子供も、同じでこの状態が続くのはきつい。
   
   ひとつづつ、整理してけりをつけていく。
   まずは、ことばにすることでもいい、一言目を発する勇気。

   自分のつらい過去を振り返るのは大変、
   だから、楽しい事も話してバランスをとる。


○私の家族の状態

  私のいじけ癖が、家族にも移ったんではないか。。。


○混乱

  何か事が起こった時に、混乱する事で、後でどういう理由でもつけられる。
  相殺しているのは、正当性(仕方がなかったんだ)と考えられる。


○メンバーさんの職場の話

  新人さんに不快を感じている。
  必要以上の侵入を感じる。
  前の職場での、お局さんのこと


途中ですが、一旦アップします。
ご飯作りしてきます。






   

8/14 セッション振り返り

8/14 (木) のセッションの振り返りをまとめました。


○私と、次男との会話の中で次男が言った「もういいっ!」と遮断の言葉について
  
  「もういいっ!」には・・・わかってもらえない
                たよれない            
  といった、拒絶された感じをうけている。
  また、今まで散々味わってきているからこそ言う言葉。
  怯えた状態で、説明をするから次男も拒絶感をうけている。

○メンバーさんが子供さんの寝かしつけでセッションを少し退席していて

  喪失は何?←セッションの時間を30分失った事。
  
  自分の被害者意識を一個づつならべ、一番のポイントを整理して、分けて
  消化することや、怒る事をする。

  そうしないと・・・ずっと分けられなくて、1週間後爆発、特定できなくてクヨクヨ
           くよくよしてるから、人の話が聞けない、入ってこない。
           そして、爆発するきっかけをまっている。
           わからせようとして精神を集中している状態になる。


○メンバーさんと対人との関係の変化
   
  今までは、委縮して怯えガードが入り、エネルギー消耗する。(疲れの原因)
  お姑さんとの関係では、現在大丈夫になった。
  なぜ怖くなくなったか←そこにはプロセスがあったはず。
  
  言えなかった(壁)
    ↓
  少しずつ言えるようになってきた
    ↓
  話を遮れるようになった^^

  自分がいい子でなくてもいいと、打ち破った自分がいた。
  セッションで話してびびる、を積み重ね
  表現力を付け続け、あなここで方向性をさだめた。

○メンバーさん食べ物の好きの表現

  唐揚げ好き・・・醤油も塩も好き、外側の食感がいい
  では、やきとりは?・・・豚バラ、皮はあまり食べない
  皮は好き?・・・・好きでええやん

  好きかどうかを、料理によると表現するのは
  まだ、前の呪縛から逃れられていない。

  
○メンバーさんの食べ物について
 
 鶏肉 or ひき肉  ・・・・  鶏肉の方が好き

 唐揚げ、ケンタッキーはあまり食べない
 煮物や、カレーにいれる。
 おばあちゃんが作ってくれていた料理で許されている感じがしている。

○好きを確定する事
 
 不幸の一致で連帯感はあるが、それを繰り返しても開けない。
 理論的な事は教えてもらえるが感情の一致はむずかしい。
 きんたろうさん、りんりんさんにわかってもらっても、感情の自立は出来ない。

 自分の好きを確定して、自立をしていく。
 食べ物がわかりやすいので好きを探す。
 好きを確定する為に人に話す。←メンバーとのボイスでみつけよう
 自分の好みが確定すると自身になる。←意外と近道
 
 安全地帯、配列などのガードの隙間から見える世界の方が人の気持ちを変えていく。

 
○メンバーさんの卵かけご飯。

 味付けは、醤油+塩

 昔の喪失感から、一つまみの塩を入れる事で自分の味、好みの調整をしているのでは


○裏と表の配列

 私、金魚好きと言っているのに、特定しようとしない。・・・現実の不自由感とのバランスが取れないから特定しない。

 表の配列・・・自分がしてもらえなかった事を子供にしてあげる。
 裏の配列・・・尽くすことが強いほど、嫉妬心、空虚感、寂しさが出てくる。

 執着すればするほど、裏の配列が強くなる。

 自分の事例を話さなければわからない。


○特別感

 自分の特別な苦しさがなくなると、普通の人に戻ってしまう。
 ハンディーがないと、人とどうやって話せばいいのか、わからない。

 盲導犬に例え、ハーネスがなくなっても、ついてた時と同じような行動をする。
 人間として、意思を持って最後をむかえよう。
 
 自分が心しょう者、心のしょうがいを持っていると自覚したほうがいいのでは


○メンバーさんの変化

 お母さんからの価値観からはなれようとしたら、自分の価値観がない事に気づく
 お母さんから、何をやってもいいよ、と言われても今までの積み重ねから疑心が残る。
 そんな中で、自分がやった事を、やった後で、認めてくれる。
 それを繰り返して行くうちに、呪縛がとけていった。
 お母さんが、変化のプロセスの転換地点のポイントを押さえて覚えていてくれている。


○「母親」という言葉

 メンバーのみんな、会話中に「母親」とういう言葉で過去に飛ぶ
 それぞれ、置き去りにされた、怒られる、かまってもらえない、などの想いへ。


 会話中の不快ワード
  ↓
 委縮
  ↓
 恐怖
  ↓
 過去に飛ぶ
  ↓
 現場にいない
  ↓
 聞いていた自分でいなきゃならないので
 つじつま合わせをする。
  ↓
 合わせようとする事で、歪みが生じ回復の妨げになる。


○チャンネル変え

 会話中の不快ワードが発生
   A:なんでBさん、わからんの~~~
   B:相手がおこってるように感じる。
     不快ワードで過去に飛び、人物設定が変わる。
     お母さんから怒られているように感じている。
     目の前の人にも怒られているように感じる。
     
   チャンネルを変えているのを、聞いていなかった、見ていなかったと正当化をしている。←実は不快ワードが入っている。


○楽を選ぶ

   家事をするとき、自分が楽な方を選ぶ
   食器洗い→食器洗浄機を使ってみる。
   誰かがやってくれて、楽をしたい→自分でやって楽をする方向へいってみよう。


○快と不快をわける

   今の、快と、不快をわけるて、はっきりさせる。
   好きな物なのか、楽しい基準を作る
    ↓
   連続して感覚をつかむ
    ↓
   そして、はじめて不快がわかる。

   確定させたうえで、過去を振り返り、理不尽な現実に向き合う。


○危険が危ない?

  ACは、危険が危ないと言われ続け矛盾に気づかない。
  閉そく感があり、自分にしか分からない世界にいる。
  思いこみの世界をどのくらい切り開いていけるのか




   

  


 
 



 

  

 

  

思い出

先日、買い物に行ったスーパーで、七夕の笹が飾ってあるのを見ました。
折り紙で、飾り付けや願い事の短冊がかざってありました。

その時は何も思わなかったんですが、
後から、小学校の時に学校全体で七夕の行事があった事を
思いだしました。


体育館の窓側で天井に届く七夕飾りがついた、
大きな竹が何本もズラズラーっと立てて飾ってある風景でした。

クラスごとの竹を、みんなで折り紙で作った、鶴やくす玉、輪飾り
をかざり品評会のような事をしていたな~と
折り紙で色々な物を作るのが楽しかったな。
折り紙の中で、金と銀の折り紙は貴重な感じがして
なかなか使えず、大事にとっておいたな、
大きな竹だったので、廊下に置いてあり自分で作った飾りを
つけに行くんだけど、授業中にめったに他のクラスの子には会えないのが
会えて、いつもと違う感じが楽しかった。
1人1人で、輪飾りを宿題で作りそれをクラスみんなのと合体させたりもしたっけ。
男子で折り紙が苦手な子が作ってこなくて、宿題なのにと女子から不満がでたり。
七夕の大事な願い事、当時の私は何を願ったのか、思い出せませんでしたが・・・残念

懐かしい思い出がでてきてうれしかったので、書いておこうと思いました。^^




セッション振り返り

7/12 の縦割りGSのふりかえりです。
私の頭の整理、と表現力をつけるためにかきます。


・あなここの本の出版に際して、私は、販促用の本を自分で買って売り上げに貢献しよう
 とおもっていた。←AC的発想ではないか~
 きんたろうさん、りんりんさんの思いは、本を広めたいので、
 販促用の本は無料で配布しようと言っていたのが、 自分の思いでいっぱいで受け取れなかった。

・私の自宅リビングのカーテン(レースではなく、厚手の方)をしないことについて、
 昼間、カーテンを閉める事への抵抗感があったので、今まで厚手カーテンがあっても
 使ってこなかった。←我慢が入っているんじゃないか~
 カーテンを決める買うのに抵抗感があるので、配列崩しのため、
 旦那に選んで買ってきてもらうのはどうか。
 その際の私の頼み方(言い方)がどうもぶっきらぼうであったので
 色気をだして(笑)ぶりっこで言う、甘える練習をしてみよう。

・きんたろうさんレシピのカレーの話
 玉ねぎ、お肉を炒めたときのコゲがコクになる
 途中果物などを入れたりもするが、煮込んで全体をなじませることが大切(3時間くらい)
 
・子供のころの母親の料理がまずかった。
 それが、言えない為に好みを捻じ曲げなくてはならなくなり
 本来好きでもない物を好きだと思っていることがある。
 また、自分の味の基準がないので、まずいがわからなくなっている。
 家族との食のずれがある事にも気付かない。

・今月の目標
 ①わける ②とらえる ③表現する

 ①わける
  楽しいか、楽しくないか。
  おいしいか、まずいか。
  やりたいか、やりたくないか。
  自分でまずはわけてみる。

 ②とらえる
  本心からの楽しいなのか、損得が入っているか。
  波風立てないために、あわせておいた方がいいだろうなどが入っていないか。
  3割の楽しい、7割不快でも、楽しいにしてしまってないか。
  
  そもそも、楽しいの基準が自分でわかっているか
  楽しいは何でできているかを自分に問いただすことをしつづけよう。

  コミュニケーションをとり続けていると、楽しいのポイントがあって
  いつかそのポイントがわかってくる。

  やっぱり人とふれあいたいんだ、交わりたいんだという思いが人にはある。

  本気で笑った瞬間は嘘がない。

  ACさんは、笑った事実があっても自分の不幸にもどるため(私はできない、コミュニケーションが取れないなど)
  なかったことにして、記憶を消してしまう。
  子供にも自力で笑ったことの認識を植えつけてあげる。

  作り笑いかどうか、わけて表現し続ける。
  抵抗感がある言葉は言ってはいけない言葉、それがあると表現力が落ちる。
  不快ワードの特定をしっかりする。
  不快ワードがあると、嫌悪感で私はあんな風にならないと自分を縛る。
  そして、不快ワードの真裏の事を言うが、自分の本能はそこにはない。
  嫌悪感があり、感情から逃げ欠損していく。
  人の粗への嫌悪感が自分をせばめるが、粗があるのは普通の事。
  そこを受け入れられるように、表現し続ける。
  
  人は、見ていてあげれば変わる。
  メンバーで支える。


  このような内容でした。

 


 

  
  

  
 
 
 
 
 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © それは自由だ~♪ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。